多様化する結婚式!あなたに向いている結婚式はどのタイプ?

結婚式に呼びたい人をイメージしよう!

結婚式を行う上で、その規模を決めることはとても重要なポイントのうちの一つになります。よってあなたが結婚式をする上で、誰を呼びたいのか具体的にイメージを膨らませてみましょう。家族、親戚、友人、同僚など様々なコミュニティがありますが、呼ぶ人数が増えれば増えるほど、結婚式自体も大規模なものとなってきます。会社の同僚や上司などを呼んで華やかで重厚感のある式にしたいのか、親族を中心としたアットホームな式にしたいのか、まずは考えてみましょう。

結婚式を挙げたい場所を絞り込もう!

呼びたい人と結婚式の規模が決まったら、次は式を挙げたい場所選びに進みます。親族だけの少人数の結婚式を考えている方は海外挙式か国内挙式か検討しましょう。ハネムーンとセットで行けるリゾートウェディングなどが人気の海外挙式の会場となっています。また大規模な結婚式を考えている方は、自分たちが挙げたい場所という観点だけでなく、ゲストが来てもらいやすい場所を選びということも大切になります。遠方からの来場者が多くなりそうな場合は、駅に近い会場や送迎バスなどのサービスが充実している式場を選ぶといいでしょう。

結婚式場の見学に行こう!

結婚式の規模と場所が大まかに決まったら、実際に結婚式場の見学に行ってみましょう。式場選びのポイントは、設備、サービス、価格の3点です。特にチャペル式にしたいか神前式にしたいかによって、必要な設備が異なってくるので、挙式の形式を決めると自分にあった式場が見つかりやすくなります。また音響設備やウェルカムスペースなども式場によってサービスレベルが異なるポイントとなるので、披露宴の演出でこだわりたいことがある場合は、式場設備の確認も必須と言えます。最後に価格ですが、これは時期や日取りによっても変動します。真冬のガーデンウェディングなどはお得に挙げることができますが、その分ゲストに寒い思いさせてしまうなどのデメリットもあるので、そのあたりもしっかりと念頭に置いたうえで式場の見学に臨みましょう。

少人数での結婚式では、招待客一人ひとりに対して気を配ることができるため、よりきめの細かいおもてなしができます。