結婚式で気をつけるべきこと!!その三点とは

時期を見計らうことです

結婚式とは慶事ですから、自分たちで時期を選ぶことができます。弔事は無理ですが、このような慶事は時期を決められるわけです。結婚式にもよい時期があります。その土地の環境などを勘案して、少しでも過ごし易い時期にしたほうがよいです。端的にいってしまえば豪雪地帯で冬にやるのはまったくお勧めできない、というようなことです。室内でやるとしてもそこまで行く手間はかかるわけです。そのようなことに配慮する必要があります。

食事に関する配慮にも

結婚式では食事をすることになります。この時に配慮をすることを忘れないのが大事です。いくつか選択をさせる、と言う手もありますが、人は意外と出された物には従って食べる物です。むしろ、選択肢が多い後悔することが多いです。和食か洋食か、と言うことは事前に決めておき、ドリンクやデザート程度の選択肢を残す、と言うのがベストです。それと食事は物凄くお金がかかる部分ですが、祝儀の半分程度をかけるのが基本です。ケチケチしないことです。

時間に関する注意としては

季節ではなく、時間に関する注意としては、基本的に夕食ではなく、昼食が結婚式になります。夕食でも問題ないですが、時間がかかりすぎる、という難点があります。それに帰るのも深夜になってしまう可能性がありますから、夜はそこまでお勧めできるわけではないです。ホテルに泊まることを前提にした結婚式もあります。但し、この場合、ホテル代はすべて主催者側が持ちのが常識になっています。費用的にはかなり大変になりますから、覚悟することです。

博多の結婚式場は、ガーデンウエディングが人気です。季節は関係なく、年中おすすめです。雨が降る日が少ないからです。